スポンサーサイト

  • 2019.05.12 Sunday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -
    • -

    釜石の旅 鉄めぐり編

    • 2015.05.21 Thursday
    • 12:56
    釜石の旅報告パート2です。

    今回は釜石のということで、鉄関係の話です。
    鉄に興味のない人は面白くないかもしれませんが我慢してください。

    釜石港が見渡せる高台に「鉄の歴史観」という施設があり
    釜石と鉄との切っても切れない関係やどのように発展してきたのかがわかります。

    建物のまわりや内部に鉄のモニュメントなどが展示してあります。



    駐車場にある鉄鉱石の実物です。
    鉄の含有量が60%もあります。この含有量はかなり凄いそうですよ。


    施設の目玉は橋野高炉の実物大があり、映像がながれて説明をしてくれます。

    これは見ないとダメです。


    江戸や明治時代に作っていた鉄です。

    このような平板状のの物から再度加熱して叩いたりしながら
    様々な鉄製品に変わっていくんです。
    機械がないので人力です。昔の人はすごいですねー。



    鉄の歴史観から見える風景です。
    釜石観音や湾が見えます。

    世界遺産の話があがってから、鉄の歴史観を訪れる人が数倍になっているそうです。


    世界遺産登録予定の「橋野高炉」も一足先に見てきました。

    案内図にあるように様々な遺跡が残っております。



    で、お目当ての高炉がこれです。
    画像は三番高炉の石積み跡です。
    高炉はこの中に鉄鉱石、木炭、石炭などをいれ鉄の原料を作るものです。

    まわりには昔使った原料や鉄の残骸が残っていたりします。

    鉄オタクにはたまらない世界です。

    世界資産に登録よていなので、係の人がアンケートとってました。
    一応、アドバイスしておきましたが、この遺跡をみて一般の人が喜ぶのかが問題かな?

    最後に
    橋野高炉跡には一番高炉、二番高炉、三番高炉と高炉跡が3か所ありますが、
    なぜか、一番高炉だけが綺麗なのです。
    不思議に思い、係の人に聞いてみると
    震災の時に石積みが崩れたので積みなおす事になったそうです。
    その時に、とあるゼネコンが役所の検査前に綺麗に磨いてしまったそうです。
    それって、歴史的な遺産を勝手に綺麗にしていいものなの?
    価値がなくなってしまってます。残念ですね。


    釜石の旅報告は次回につづきます。












     

    スポンサーサイト

    • 2019.05.12 Sunday
    • 12:56
    • 0
      • -
      • -
      • -
      • -
      コメント
      コメントする








          
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック

      PR

      calendar

      S M T W T F S
           12
      3456789
      10111213141516
      17181920212223
      24252627282930
      31      
      << May 2020 >>

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      recommend

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM