スポンサーサイト

  • 2019.05.12 Sunday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -
    • -

    東北の復興を見に行く!

    • 2019.05.03 Friday
    • 14:07

     

     

    2011年の東日本大震災から8年が経過して

    2012年・2013年とボランティアで訪問した地を

    巡りながら復興を見に行く旅をしてきました。

     

     

    JR大船渡線の終点駅と三陸鉄道リアス線始発駅がある盛駅です。

    右側はBRT運行専用道路(鉄道の代わりにバスが走っています)です。

    本来ならここにも鉄道が走っていて、レールがあったのです。

    左側は三陸鉄道リアス線(3月23日に久慈駅までつながりました)です。

     

    その大船渡で2012年にボランティアで行ったところが岩手県栽培漁業協会です。

    2012年当時、ガレキの山を少しずつスコップや手を使って片づけたのがこの場所でした。

    この画像では全く想像できないですね。

     

    この施設は防波堤の海側にあり

    この大きさの防波堤が出来ていました。

    大ききさもそうですが、威圧感がかなりあります。

     

     

     

    三陸鉄道の三陸駅近くの民宿「とまり荘」さんの前にある防波堤です。

    画像の左下部分、色の濃い部分が以前からあった部分だそうです。

    民宿の主人も海が見えなくなって風情が無くなったと言っていました。

    コンクリートの壁に囲まれて、まるでマンガや映画の世界のようです。

     

     

     

    今年はラグビーワールドカップが開催されます。

    釜石鵜住居復興スタジアムです。

    無駄な装飾やデザインのない思い切った建物に圧倒されます。

     

    2012年当時、この場所には小学校・中学校がありガレキの山でした。

     

     

    三陸鉄道から綺麗な海の風景が見えます。

     

    山側に眼を移すと

    三陸自動車道の工事風景です。(下には復旧されたサケの孵化場です)

     

     

    皆さんが知っている!

    NHK朝ドラ「あまちゃん」の舞台、久慈駅前です。

    リアス線開通で盛り上がっていると思いましたが、

    GWなのですが、そうでもないような・・・

     

     

    今回の旅は

    古川駅でレンタカーに乗り

    石巻・南三陸町・気仙沼・陸前高田・大船渡・釜石・宮古・久慈と

    走行距離約600キロ、2泊3日で行ってきました。

    予定していた工程の全てを巡ることはできませんでしたが、

    良い旅が出来たと思います。今度はゆっくり観光したいものです。

     

    ※日々復興が進んでいるので、車のカーナビは役に立ちません。

    パソコンで印刷していくか、携帯などのアプリを活用してください。

    スポンサーサイト

    • 2019.05.12 Sunday
    • 14:07
    • 0
      • -
      • -
      • -
      • -
      コメント
      コメントする








          
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック

      PR

      calendar

      S M T W T F S
          123
      45678910
      11121314151617
      18192021222324
      25262728293031
      << August 2019 >>

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      recommend

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM